口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

太陽病期に用いる漢方方剤

実証、虚実間証、虚証でそれぞれ有効な方剤が異なります。実証では大青竜湯、麻黄湯、葛根湯を用います。大青竜湯は口渇、麻黄湯は関節痛、葛根湯は肩や首の凝りを使用目標とします。虚実間証には小青竜湯を用います。虚証では桂枝加葛根湯、桂枝湯を用います。

麻黄湯の構成生薬である麻黄は発散、杏仁は降下の働きがあり、それぞれ吸気、吸気に対する改善効果があります。麻黄湯は肺に対する方剤であるのに対し、桂枝湯は脾胃に対する方剤です。桂枝湯に含まれる生姜と大棗が消化を助けることで、傷寒病に対抗する力をつけることができます。

ページの一番上へ