口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

陽明病の特徴

陽明病とは大腸と胃の病気のことです。陽明病には以下3点の特徴があります。

1. 熱の病

  • 大腸は「伝導の官」であり、邪気の出口となります。ここに湿邪が溜まり、湿熱が生じます。

2.気血の病

  • 胃や大腸は飲食物の栄養分(水穀精微)を吸収し、気や血を生み出す臓器です。陽明病にかかると吸収不善から気血が不足し、母乳が出ない、閉経、月経不順、頭痛、眩暈などの症状が出現します。

3.局所の病

  • 気滞血瘀、肝気欝血などにより、テニス肘など局所の痛みが生じます。

ページの一番上へ