口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

歯ぎしりの原因

MENU

  1. ストレス
  2. 睡眠障害
  3. かみ合わせ
  4. 逆流性食道
  5. ストレスの緩和

ストレス

歯ぎしりの原因としては、昼間に蓄積されたストレスによって起こるという説が有力です。

睡眠障害

寝つきが悪い、あるいは夜間に何度も目が覚めるなど、睡眠の質を悪くするものを「睡眠障害」といい、歯ぎしりもそのひとつに数えられています。原因としては、大脳辺縁系の問題が指摘されています。

かみ合わせ

いずれかの歯が高くてうまくかみ合っていないなどの問題があると、夜間無意識にその部分をかみ合わせてしまうことから、歯ぎしりが起こるという説があります。

逆流性食道

睡眠中の胃酸の逆流を防止するために、歯ぎしりを行う場合があります。

ストレスの緩和

ストレスが歯ぎしりを引き起こす一方で、歯ぎしりをすることによって無意識に体にかかるストレスを緩和しているという説もあります。

ページの一番上へ