口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

 病気不安症

身体のちょっとした異変を大事と感じ、ガンかもしれない、もしかして不治の病では、と絶えず心配している患者さんによく出会います。特に病的な問題は見当たらないと診断されると「ああ、よかった」と安心して帰られるのですが、しばらくするとまた別の症状を気にして大急ぎで来られるのです。このような患者さんは常に何かを心配している状態なので、もちろん気が休まる暇はありません。このような精神的症状を「病気不安症」といい、実際には身体に何の症状もなく、あったとしても軽微なもので治療の対象にはなりません。

病気不安症は、2013年に改訂された米国精神医学会の精神疾患診断分類(DSM-V)において新しく作られた病名で、従来の精神疾患診断分類であるDSM-Ⅳ-TRでは「身体表現性障害」というグループの中の「心気症」の一部でした。「心気症」の中でも身体に症状がない、あるいは軽微なものが「病気不安症」、症状があるものが「身体症状症」とする分類に改変されました。

ページの一番上へ