口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

心下痞硬

心窩とはみぞおちの部分を指し、心窩の所見は胃や心の問題を反映すると考えられています。心窩部に触れたとき、少し硬く感じる状態を心窩痞硬といい、この部分がつかえるような自覚症状を心窩痞といいます。胃炎により腹壁が硬くなったり、心不全により心肥大が生じたりすると心窩痞硬になりやすくなります。

心窩痞硬に対しては柴胡剤、瀉心湯類、人参剤が用いられます。これらは腹壁の緊張度の強さに応じて使い分けられ、実証では大柴胡湯などの柴胡剤、虚証では六君子湯などの人参剤、虚実中間証では半夏瀉心湯などの瀉心湯類が用いられます。

ページの一番上へ