口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

虚寒

陽が不足する陽虚になると、体が冷える「虚寒」が生じます。虚寒は体内の基礎物質である気、血、津液、精のそれぞれに影響を与え、幾つもの症状を引き起こします。

気に対する影響

気の運行を悪化させて寒凝気滞となり、心痛(心)、喘満(肺)、抑うつ(肝)、脘腹脹満(脾胃)、尿不利、尿閉(膀胱)が生じます。

血に対する影響

血液の巡りが悪化して甚だしい寒凝血瘀となるため、痺痛(心)、癥瑕〈肝〉、月経痛(子宮)が生じます。

津液に対する影響

津液が凝滞して流れなくなり痰飲が発生するため、鼻水(肺)、下痢(脾)、水様の嘔吐(胃)が生じます。

精に対する影響

精を冷やし不妊となります。

ページの一番上へ