口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔カンジダ症

口腔カンジダ症とは

食品を何日か放置しておくと、白色や緑色のカビが発生します。カビは家の中のいたる所に棲息し、繁殖に適した条件が整うと盛んに増殖を繰り返して猛威を振るいます。困ったことに、その被害は食品に留まらず私たちが吸い込む空気にまで及び、やがて身体そのものが汚染されてしまうのです。カビが引き起こす病気の代表は水虫ですが、実は私たちの口の中にもカビは発生します。

カンジダ菌は、元来人間の口腔内に棲むおとなしい常在菌で、健康体であれば問題を起こすことはありません。しかし、全身に及ぶ病気や免疫系の病気に罹患したり、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)や抗生物質を長期間使用している場合は、十分な注意が必要です。カビにとって繁殖が容易な環境となるため、病気へ転化しやすくなるのです。これが「口腔カンジダ症」です。

また、何らかの理由により口が乾燥している、即ちドライマウスの状態である場合にも口腔カンジダ症が発症しやすいため、注意が必要です。その他、入れ歯(義歯)を使用していると義歯にカンジダ菌が繁殖し、「カンジダ性義歯性口内炎」を発症する場合があります。

ページの一番上へ