口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

舌形

胖大舌

舌が口角よりも外側にはみ出して大きくなっている状態で、水湿や痰飲を示します。

歯痕舌

舌の辺縁部に歯のかたがついてギザギザした状態で、虚証に寒湿が加わっていることを示します。

痩舌

舌が痩せて小さくなったり薄くなったりしたもので、血虚や陰虚を示します。

裂紋舌

舌体に見られる裂溝で、虚証で臓腑が損傷されていることを示します。中央に深く1本の裂紋が入っているものを正中裂紋といい、不眠の際に現れます。

歪斜舌

舌を伸ばした際に舌尖が一方に変位することで、中風の際に現れます。

点刺

点状の発赤や白いとげ状の膨らみのことで、熱と気滞過火を表します。心熱の場合は舌尖部に症状が生じます。

舌下脈絡の怒張

瘀血を示します。

嫩舌(どんぜつ)

舌の表面がきめ細かくしっとりと軟らかい状態で、虚証を示します。

老舌

舌の表面がザラザラして硬くなった状態で、実熱を示します。

ページの一番上へ