口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

舌体の色調(舌色)

淡白舌

気血両虚や陽虚により営血が不足し、白っぽくなった状態です。歯痕を伴う場合は陽虚水泛(虚寒)を示します。

淡紅舌

健康な状態です。

紅舌

熱証を示します。若年者の心熱や風邪の初期には舌尖が赤くなります。舌全体が赤い場合は、陽明病期や気分証に起因する全身の発熱によるものです。

絳舌

熱証に瘀血が加わった状態、即ち血熱を示します。

紫舌

瘀血を示します。温病学では邪熱が営分に入ると精神症状となり、血分に入ると瘀血になると考えられています。

ページの一番上へ