口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

肝胆湿熱

湿熱とは湿邪と熱邪が一緒になって生じる熱(炎症)のことで、肝胆湿熱は肝炎、胆嚢炎、胆石症などで見られ、症状は黄疸、口が苦い、悪心・嘔吐、黄膩苔、紅舌などです。

肝胆湿熱に対しては茵蔯蒿湯や竜胆瀉肝湯を用います。金銭草、茵蔯、蒲公英をプーアル茶に入れて飲むことにより、胆石を溶かすことができます。

ページの一番上へ