口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

胆気虚(心胆気虚)

胆の気が低下すると不安や怯えが生じ、うつや不安障害、登校拒否、引きこもりなどの問題が起こります。

胆気虚に対しては温胆湯や加味温胆湯が用いられます。また、お茶の苦みは胆を強くする効果があります。

ページの一番上へ