口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

唾液腺が腫れる病気

唾液は耳下腺や顎下腺、舌下腺などの唾液腺で作られます。これらを大唾液腺といい、口唇線や舌腺などの小唾液腺も口腔内に多数分布しています。

唾液腺が急速に腫れる場合は、急性感染性耳下腺炎や急性感染性顎下腺炎などの急性感染が疑われます。一方、炎症を繰り返す場合は慢性唾液腺炎の可能性が高く、唾液腺や唾液が流れ出す管である導管に唾石が詰まることにより、唾液腺が腫れる場合もあります。

また、唾液腺が徐々に腫れる場合は唾液腺腫瘍が疑われ、良性腫瘍では多形性腺腫、悪性腫瘍では腺様嚢胞癌がよく見られます。

これらの他に唾液腺が腫れる特殊な病気として、サルコイドーシス。木村病、HIV関連唾液腺疾患、線維素性唾液管炎、唾液腺症、MALTリンパ腫があります。

ページの一番上へ