口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔粘膜炎の発症と治癒(口腔粘膜炎2)

口腔粘膜炎は以下に示すような順序で進行し、さまざまな治療の末に粘膜が再生・回復します。

開始期

抗がん剤や放射線によりフリーラジカル(活性酸素)が発生し、粘膜上皮基底細胞の障害を

誘導します。

シグナル伝達、シグナル増幅期

フリーラジカルが口腔粘膜細胞や血管に障害を与え、炎症性サイトカインが放出されます。唾液は口腔粘膜を保護しますが、その分泌量が低下します。

潰瘍形成期

潰瘍形成期   

上皮細胞が障害を受けて潰瘍を形成し、そこに病原菌が侵入して感染します。グラム陰性菌が持つリポ多糖(LPS)という内毒素は潰瘍、粘膜障害の増悪因子となります。

治癒期

上皮細胞が再生され、線維芽細胞が増殖し、潰瘍が再生して回復します。

Sonis, Stephen T. “A biological approach to mucositis.” J Support Oncol 2.1 (2004): 21-32.

ページの一番上へ