口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

舌背部に繰り返す咬傷

舌縁部や舌突、頬粘膜、下唇粘膜は上下の歯で誤って噛みやす咬傷く(咬傷)、歯の型(歯痕)が付きやすい部位でもあります。一方、舌の上面である舌背部は上下の歯から離れているため誤って噛むことはなさそうですが、実はこれを繰り返すケースもあります。原因はストレスと考えられており、対策としては抗不安薬の内服が効果的です

ところが舌背中央部に咬傷を繰り返す場合が時たまみられます。これはストレスから生じると考えられていて、抗不安薬の内服を継続することにより生じなくなります。

ページの一番上へ