口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

白板症 症例

50代 男性

主訴

舌の先が白くなっている

現病歴

3か月前に舌の先が白くなっていることに気付いた。痛みはどはなかったためそのままにしておいたが、いつまでたっても変化なく、舌ガンではないかと心配になり、来院した。

口腔内所見

舌先部に白色病変を認めた。病変は平坦で弾性軟境界明瞭であった。

治療経過

初診時に舌の病変を切除した。組織学的検査で白板症と確認できた。

病理組織所見

Melanosis(メラニン沈着症)

Tongue,submitted:Consistent with leukoplakia(舌白板症)
「検体は、表面をparakeratosis、不規則なacanthosisを示して肥厚した重層扁平上皮に覆われた組織です。上皮の所々には、granulosisも認められます。Leukoplakiaとして矛盾しない所見です」

  白板症 症例1   白板症 症例2
 

弱拡大像 (拡大倍率 40倍)

 

強拡大像 (拡大倍率 400倍)

       

ページの一番上へ