口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

おたふく風邪をうつされてから唾液が出ません

2017/2/2

相談: (30代 女性)

去年の10月に子供におたふく風邪をうつされてから、未だに唾液が出なくて、息苦しさや舌の痛み、色々困っております。漢方薬も麦門冬とう、温経湯、四物湯煎、を2週間試して、あまり効果を感じず、シェーグレン症候群の血液検査を3回して、3回共に陰性でした。どうしたらドライマウスを改善出来ますか?治るか本当に毎日不安です。宜しくお願い致します。

回答:口腔内科 樋口均也

おたふく風邪(流行性耳下腺炎)は、ムンプスウイルスが耳下腺や顎下腺などの唾液腺に感染することにより発症し、耳下腺や唾液腺が腫れる病気ですが、通常は1~2週間で自然に治癒します。

しかし、中には唾液腺の細胞が傷害されて機能が損なわれることもあります。そのため唾液の出が少なくなり、ドライマウスが生じていると推察します。

おたふく風邪後のドライマウスがその後改善するのか否かについては判明しておらず、時間の経過とともに自然治癒する可能性もあれば、いつまでも治らない場合もあります。

唾液腺の回復を促す対処法としてはホットパックで温めたり、赤外線やソフトレーザー、マイクロ波などを照射する方法があります。また、マッサージやはり治療も効果が期待できます。

2017/2/4

追伸 相談: (30代 女性)

お忙しい中、ご丁寧にご連絡頂き有難う御座いました。ちなみに、ホットパックで温めたり、赤外線、ソフトレーザー、マイクロ波などを照射したりすると血行がよくなります。マッサージやハリ治療も効果が期待できます。と、言われておられましたが、赤外線や、ソフトレーザー、マイクロ波などの照射は、どこでやって頂けますか?

そちらの歯医者様に通えたら一番良いのですが、少し遠いので、通えないのが残念です。歯医者さんで、もし上記↑の事をされている所があれば良いのですが、あったとしても、それをしてくれるのか?後、保険適用外だと、高額なら通えないのが困った所です。

針灸も顔に針を指すのですか?一度だけ通ってみたのですが、その時は、顔ではなく、頭と首の後と、後は身体に針を刺されました。こちらもずっと通うとなるとお値段が高額なので、少し悩んでいます。

私は母子家庭なので、そんなに経済的余裕がない現状で、自分でできる事となると、毎日行ってはいますが、唾液腺のマッサージ位です。良いサプリや、漢方薬等も御座いますか?今は温経湯と、四物湯と言う漢方薬を処方されて、2~3週間服用しておりますが、あまり効果を感じていません

。ネットの記事で、ジアテルミーと言う温熱療法で、シェーグレン症候群の方が、唾液が出るようになったと言う記事をみつけました。おたふく風邪から後遺症が残ったと言う記事や、話を聞いた事もなければ、載ってないので、治るか毎日不安で仕方ありません。度々申し訳ありません。

回答:口腔内科 樋口均也

保険治療では赤外線やソフトレーザー、マイクロ波、はり治療(鍼灸)はそれぞれ適応疾患が定められています。「色々困っている」という状況であれば、これらの治療を保険で受けられる可能性は高いでしょう。

漢方薬は病気で決まるものではなく、気血水や五臓の状態から「証」を判定してその証に合った漢方薬を使用するため、正確な判定を受けられることをお勧めします。

サプリメントについては現在の症状を改善できる根拠に欠けるため、コスト面からもお勧めできません。

また、ジアテルミーとマイクロ波はよく似た性質を持っていますが、どの治療法や治療機器を用いるかについては医療機関や医師により異なります。歯科、口腔外科、耳鼻咽喉科、皮膚科、整形外科、内科、リハビリ科、鍼灸院など、各種の治療について問い合わせるとよいでしょう。

ページの一番上へ