口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

亜鉛欠乏症

夏場に汗をかくと体内の亜鉛が汗とともに流れ出し、亜鉛不足が生じやすくなります。亜鉛不足は味覚障害の原因となるだけでなく、舌痛症、口内炎、口角炎、食欲不振、脱毛、成長障害、生理不順、貧血、易疲労感、イライラをも引き起こします。また、骨粗鬆症、認知症、脂質異常症の治療薬の中には副作用として亜鉛不足を引き起こすものもあります。

亜鉛の欠乏により、口腔粘膜にさまざまな変化が生じることがラットを用いた実験で確認されています。舌の味蕾細胞の入れ替わりの遅れ,軟口蓋の味覚乳、頭の減少,乳頭の扁平化,味孔内の微絨毛の消失などがこれに該当し、味覚障害につながると考えられています。

亜鉛は体内で作られないため、食事から摂取する必要があります。カキ(牡蠣)、レバー、蕎麦、牛乳、煮干しの他、野菜にも含まれていますが、火熱処理の過程で亜鉛が失われてしまう加工食品は避けた方がよいでしょう。

ページの一番上へ