口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

歯の移植の治療の流れ

歯の神経にまで達する、重度の虫歯に侵された右下第一大臼歯を例にとってみましょう。虫歯が進行し、レントゲン写真で根尖病変の出現を確認、治療は不可能で抜歯が必要な状態でした。そこで、その奥に埋まっていた親知らずを、抜歯部分に移植することになりました。

進行した虫歯と根尖病変
矢印
抜歯  
第1大臼歯に根尖病変が生じた状態  
第1大臼歯と親知らずを抜歯
 

 

矢印 移植と固定 矢印 治癒後
 
親知らずを移植して固定
  移植した歯が根付き根尖病変が消失

ページの一番上へ