口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

静止性骨空洞

顎の骨の内部が空洞化し、内部にのう胞やエナメル上皮腫が生じた場合は、何らかの手術により病変を取り除く必要があります。一方、エックス線写真では下顎骨の後方部(顎下区部付近)に円形や楕円形の空洞があるように見えて、実は問題のない「静止性骨空洞」の場合もあります。

静止性骨空洞は下顎骨の内側(舌側)が陥没し、そこに唾液腺組織や脂肪組織が入り込んだ状態で、その様子はCT画像で鮮明に観察できます。通常、静止性骨空洞は治療の必要がありませんが、徐々に空洞が大きくなる場合は手術により中に入り込んだ唾液腺組織や脂肪組織を取り除く必要があります。

 

 

kotsukuudou

ページの一番上へ