口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

膿原性肉芽腫 症例

10代 男性

主訴

舌のできもの

現病歴

1年前に舌にできものが生じ、その後大きさや形は変化していない。痛みは生じたことがない。

口腔内所見

舌下面に広基性の腫瘤(6×4㎝)を認めた。白色で表面粘膜はやや粗造。境界明瞭で周囲粘膜には異常を認めない。

病理組織所見

Granuloma pyogenicum(膿原性肉芽腫)

「舌のポリープ状の腫瘤です。重層扁平上皮下の粘膜内に嚢胞を認め、腔内には出血、炎症細胞浸潤を見ます。granuloma pyogenicum(膿原性肉芽腫)やmucocele(粘液のう胞)の鑑別が必要ですが、唾液の所見に乏しく、foam cell(泡沫細胞)も見られないことから、前者を考えます。no malignancy(悪性所見なし)」

弱拡大像 (拡大倍率 40倍)

強拡大像 (拡大倍率 400倍)

ページの一番上へ