口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

HIV関連唾液腺疾患

エイズ患者に見られる「HIV関連唾液腺疾患」は、両側の耳下腺や顎下腺が対称性に腫脹し、口腔の乾燥を認める病気です。HIV感染者の3~50%という高い割合で出現しています。

口唇生検で採取した口唇線の組織像でリンパ球の浸潤が観察されること、全身の各臓器に症状が現れることなど、症状はシェーングレン症候群と似ていますが、相違点もあります。口唇線組織中に見られるリンパ球を免疫染色でT4陽性細胞とT8陽性細胞に分けると、その比(T4/T8)がシェーグレン症候群とは異なる他、シェーグレン症候群特有の自己抗体である抗SSA抗体や抗SSB抗体が血清中に見られない点が異なります。

HIV関連唾液腺疾患の原因については、現在まで判明していません。

ページの一番上へ