口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

粘液のう胞 症例

10代 女性

主訴

舌の裏が腫れてきた。

現状歴

半年前、有茎性かつ弾性硬可動性の腫瘤を認めた。粘液のう胞を疑い摘出したところ、病理組織検査により舌下面にできるBlandin-Nuhnのう胞という粘液のう胞であることが確認された。

病理組織所見

Mucous cyst(粘液のう胞)

「肥厚した扁平上皮がおおう舌粘膜、上皮下に粘液様物質の沈着と好中球が浸潤するのう泡状病変が形成され、粘液のう胞の所見を示す。」

  粘膜嚢胞1   粘膜嚢胞2
 

弱拡大像 (拡大倍率 40倍)

 

強拡大像 (拡大倍率 400倍)

       
       

ページの一番上へ