口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口の中がしょっぱい又は苦い味がしています

2015/11/7

相談: (55歳 男性)

ここ2~3ヶ月で口の中がしょっぱい又は苦い味がしています。今は歯の治療中ですが、夏くらいに根幹治療してその後くらいから症状がでています。ただ、膿は今は関係ないみたいです。

調べてると自発性異常味覚ではないかと思ってます。舌痛(ぜっつう)症もあるかもです。時々舌がぴりっとしたりしますし、舌の苔もあるので舌磨きもやってますが、治療法はありますか?よろしくお願いします。

回答:口腔内科 樋口均也

塩辛い味や苦味のある食べ物を食べたわけでもないのに、口の中が塩辛く感じられたり、苦く感じられたりするのですね。このような味覚の異常を自覚性異常の味覚、あるいは自覚性味覚障害などと言います。

根管治療をしてから症状が出現したようですが、治療の際に使用する根管消毒薬が漏れ出して味覚がおかしくなっているのかもしれません。その場合は、根管治療が終了すれば症状はなくなるでしょう。

それ以外の可能性としては、感覚(味覚)の異常が生じているということになります。舌がぴりぴりするのも感覚(痛覚)に異常が生じているのかもしれませんし、別の問題で粘膜に何らかの異常が生じている可能性もあります。

治療を検討するに際して、どのような問題があるのかを調べる必要があります。感覚の異常がある場合には抗うつ薬が有効ですが、認知行動療法という心理療法も症状の改善に効果的です。

ページの一番上へ