口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

粘膜が白くなる病気

2011/10/22

相談: (20代 男性)
4日ぐらい前に頬の左上(奥歯より手前)が小さくプクッと膨れていて白くなっています。また、口内炎かと思い、薬(アフタッチ)をつけたのですが薬がついてるときだけズキンズキンとした痛みがあります。これは、薬がなくなれば痛みは消えました。また、プクッとした膨らみは4日前に比べるとだいぶ収まりましたが白い部分は変化がありません。

また、デキモノがある左側ではなく右上側の奥歯近辺の歯茎が腫れてきて少量の出血でるようになりました。以上のような症状なのですがこれは口内炎なんでしょうか?

回答:口腔内科 樋口均也
口内炎の典型的なタイプは円形の潰瘍が生じるアフタ性口内炎ですが、潰瘍の部分が赤いことや症状から判断すると該当しないようです。一方、粘膜が白くなる病気には以下のように様々な種類があります。

白板症

白色海綿状母斑

擦過性角化症

習慣性咬傷

化学的損傷

急性偽膜性カンジダ症

白色浮腫

扁平苔癖

円板状エリテマトーデス

皮膚移植

毛状白板症

ニコチン性口蓋白色角化症

また右側上顎臼歯部の歯肉の腫れは、歯周病による可能性が高いと推測します。従って、一度歯科を受診されることをお勧めします。

ページの一番上へ