口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

頬粘膜にサメの背びれのような形の出来物ができた

2011/9/13

頬粘膜にサメの背びれのような形の出来物ができた

相談: (30代 女性)

奥歯辺りの頬の粘膜に違和感があります。ネットで見てみると耳下腺乳頭といわれるものなのかと思うのですが・・・。鏡で見てみるとサメの背びれのような形の出来物ができています。白いです。何でしょうか?

昨日ちょうどその辺りの歯を治療したので、もし癌などでしたら、先生気がつきますよね?頬にできる癌ではないかと心配です。一番奥の歯は殆ど歯がない状態で、仮詰めをしています。ちょうど出来物に当たっている部分ではあります。頬の粘膜を刺激していると癌になると聞きました。怖いです。

回答:口腔内科 樋口均也

頬粘膜に何らかの膨らみが生じているようですが、以下の可能性が考えられます。

   

耳下腺乳頭

耳下腺で作られた唾液の出口にある膨らみで、正常なものです。

   

歯痕

頬粘膜にできた歯の噛み痕です。歯ぎしりや食いしばりによってつきやすく、傷がつくとヒリヒリしたり違和感が生じたりします。

   

刺激性線維腫

粘膜を咬んで傷つけるとその部分が反応性、炎症性に増殖して膨らみが生じます。切開して摘出する治療を行います。

   

良性腫瘍

乳頭腫などの良性腫瘍で、摘出が必要です。

   

稀に頬粘膜癌が生じる場合があります。発生理由は不明ですが、仮詰めが当たる程度で癌になることはありません。

   

既に診察を受けられているので、腫瘍などの異常ではないと考えます。次の治療の際に相談されることをお勧めします。

ページの一番上へ