口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

口腔粘膜の荒れと味覚障害

2010/3/12

相談:(34歳 女性)

3週間前から口中.舌が荒れ始め,舌の両側が真っ赤になってきました。そして、2週間前には塩味を感じなくなってきました。唾を飲み込むとき喉に少し痛みを感じます。味覚障害なのでしょうか?

味覚障害は専門外来に行かないと駄目ですか?

回答:口腔内科 樋口均也

こんにちは。

舌粘膜を中心として口腔粘膜が荒れているということですね。そのため、舌の赤味や味覚の低下、喉の痛みが生じているのでしょう。粘膜が荒れる原因としては次のようなものが挙げられます。

細菌感染
真菌感染
ウイルス感染
アレルギー(食物、薬、歯に使う金属)
合成界面活性剤(歯磨き粉、デンタルリンス)
やけど(熱、化学物質)
薬の副作用
中毒

また、ドライマウス、歯ぎしり、食いしばりがあると症状が悪化しやすいです。大学病院などで味覚外来を設けているところもあり、そちらにかかるのがよいでしょうが、耳鼻咽喉科、口腔外科、歯科でもきちんと対応してもらえる医院もあります。ホームページやブログに味覚、舌痛、ドライマウスなどについて詳しく記載されている医療機関を受診されるのがよいでしょう。

ページの一番上へ