口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

唾液が気管に入ることがよくあります。

2010/02/04

相談:(23歳 男性)

最近になって(ここ2〜3ヶ月)唾液が気管に入り咳き込むことがよくあります。頻度は一日に5回くらいで、一日無いときもあったりします。原因は一体なんでしょうか?

回答:口腔内科 樋口均也

通常、唾液が気管に入り込むことは「咳嗽反射」という体の働きによって防止されています。ところがこの反射が鈍ると、唾液やのどの粘液だけでなく飲食物ま でが気管に入り、炎症を起こしてしまう場合があります。これを「誤嚥性肺炎」といい、特に寝たきりの高齢者によく見られます。

ところで、1日に5回くらい「誤嚥」が起こるようですが、それ以外は正常なようですね。高齢者以外でこのような異常が生じるとなると、進行性の神 経難病が疑われますが、その場合は誤嚥だけでなく、前や肩など筋肉の動きも麻痺してきます。従って、これには該当しないと思われます。

一方、唾液が気管に入るということですが、逆流性食道炎の場合は胃液が気管に入ることがあります。胸焼けがあるのなら、消化器科の診察を受けるのがよいでしょう。ただし、諸々の検査を行っても原因が判明しない場合もあります。

ページの一番上へ