口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

右上の奥歯に鈍痛があり、ナイトガードを使用しても改善しません。(その1)

2009/04/26

相談:(46歳 男性)

以前からの歯周病も原因してか右上の奥歯に鈍痛があり、ナイトガード(ハード)を作って使用しています。しかし痛みが治まることなく2ヶ月くらい経ったと ころで痛みが強くなってしまい歯茎の薬物治療や抗生剤で治療を試みましたが、今だ痛みが治まらず最近では右頬の痛みや軽い頭痛が起こるようになり困ってい ます。

暖かい物冷たい物に沁みたりはせず、レントゲンにも異常はないと言うことでやはり喰いしばりからくる痛みだと診断されました。痛みを軽減したいのですが他に治療方法はないのでしょうか。また喰いしばりを治す方法はないのでしょうか。よろしくお願いします。

回答:口腔内科 樋口均也

歯に異常がないのであれば奥歯の痛みは筋肉由来の痛みである可能性が高いと思われます。頬の痛みや頭痛もあるということなので筋肉痛み(筋膜痛)なのでしょう。

くいしばりをなくすためにまず気をつけていただきたいことがあります。普段唇を閉じた状態の時に口の中で上下の歯が接触していませんか。もし接触しているならそれは異常な状態であり、本来は上下の歯が2〜3mm離れているものです。

歯が接触することがないように常に注意して下さい。口角を横に拡げてスマイルしている時はくいしばっていないはずです。いつもスマイルをたやさないこともくいしばりを防ぐ方法です。ガムを舌の上でころがすというのも効果的です。

くいしばりをしないように注意していて、夜間もナイトガードを装着しているということですね。それでも痛みが変化しないようであれば、筋膜痛の問 題ではないのかもしれませんね。次に可能性が高いのは、副鼻腔炎や疼痛性障害です。前者の場合は、原因を調べて相応の治療を受ける必要があります。また、 後者の場合は抗うつ剤による治療が中心となります。

ページの一番上へ