口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

糖尿病なので抜歯は出来ないと言われました。

2009/04/26

相談:(61歳 男性)

義母(89歳)は一人で生活しています。現在、糖尿病を患っておりイスリン注射をしています。歯科で抜歯をして総入れ歯にしたいと希望しましたが、糖尿病 患者は抜歯すると血が止まらない場合があるとの理由で抜歯もしていただけません。このため、本人が食事の際に食物を十分噛みくだすこともできない状態で 困っています。

糖尿病患者の抜歯はリスクが高いため、実施できないのでしょうか。

回答:口腔内科 樋口均也

糖尿病にかかると抵抗力が低下するため、抜歯後に感染しやすくなります。従って、抜歯前に口の中をできるだけ清潔な状態にしておいた上で、抗生物質を服用 して抜歯を行う必要があります。また、糖尿病では血管が弱くなるために抜歯後は出血しやすい傾向にありますが、「血が止まらない」ということはありませ ん。そのような説明がなされたとすれば、他にも肝臓病などの血が止まりにくくなる病気があるのではないでしょうか。

持病をお持ちの方の抜歯の際には、それぞれの病気に応じた特別な対処が必要となる場合があります。歯科医院で対処できない場合は、設備の整った総合病院の歯科で抜歯してもらうとよいでしょう。

ページの一番上へ