口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

朝起きるとオレンジ色の涎の跡が残っています。

2008/10/16

相談: (54歳 女性)

87歳になる父の事で相談いたします。最近父が朝起床した後の寝床のシーツを見ますと、必ずオレンジ色の涎の跡が残っています。時々茶色だったりします。

父は2006年7月に心臓大動脈のバイパス手術を行っています。また先頃春先から食欲もなく、度々胃痛も訴えたものですから胃の内視鏡検査も行い ましたが、さしたる異常はなく胃薬を飲んでいる状態です。何か口腔的な原因が考えられるのでしょうか。本人は口の中に傷はないと申しているのですが?

回答:口腔内科 樋口均也

オレンジ色や茶色の唾液というのは、唾液に血液が混じっている状態だと考えられます。口の中から出血する場合は、その多くが歯周病による歯肉からの出血です。また、他に義歯による傷や、歯ぎしりにより頬粘膜が傷ついて出血している可能性もあります。

なお、唾液の半分はのどや鼻の粘膜をおおっている粘液が、口の中に流れ込んだものです。従って、のどや鼻、気管などに炎症が生じて出血しているケースも考えられます。

以上から、歯科や耳鼻咽喉科、呼吸器科などで診察を受けられることをお勧めします。

ページの一番上へ