口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

朝起きたら舌の上全面に白色や黄色のコケ付着しています。

2008/09/18

相談: (57歳 男性)

初めまして。2〜3年前から朝起きたら舌の上全面に白色や黄色のコケ付着しており、毎朝歯ブラシで落としています。

困っております。何か舌の病気に、かかってないか心配です。なお、口の中は総入れ歯をしています。回答を宜しくお願いします。

回答:口腔内科 樋口均也

舌の表面を覆う苔状の汚れを「舌苔」といいます。通常、唾液等による口腔内の自浄作用が働くため、舌苔は付着しない構造になってはいますが、唾液分泌量の 低下(加齢による生理的唾液分泌量低下も含む)や口呼吸などにより、口の中が乾燥して舌苔が付着するケースが多く見られます。

従って、対策として以下の点に気をつけてください。

1.唾液の分泌量を増やすための適切な水分補給や唾液腺のマッサージ、舌や口の周囲筋の運動リハビリを行いましょう。

2.鼻づまりがある場合には口呼吸が多くなるため、口腔内が乾燥します。このような場合には、耳鼻咽喉科で治療を受けましょう。

3.部屋の湿度が低下すると強い口腔乾燥の症状が現れるため、適度な湿度を保つよう心がけましょう。

3.部屋の湿度が低下すると強い口腔乾燥の症状が現れるため、適度な湿度を保つよう心がけましょう。

なお、含嗽剤の処方は歯科や耳鼻咽喉科などで行っています。また、一般の含嗽剤で保湿を目的として販売されている製品もあります。

ページの一番上へ