口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

白板症について教えてください。

2008/03/25

相談: (30歳 女性)

よろしくお願いいたします。白板症についておうかがいさせてください。

1.切除後経過観察は一般的にどのぐらいが目安なのでしょうか?

2.心配されることは白板症の再発なのでしょうか?それともがんの発症なのでしょうか?

3.接触による感染などはあるのでしょうか?

4.遺伝の可能性はあるのでしょうか?

回答:口腔内科 樋口均也

1.口腔ガンでは一般的に最低5年間は経過を観察しますが、実際にはそれ以上経過観察を行っています。白板症の場合は、それに準じて5年間が目安になるでしょう。

2.白板症の再発自体は大きな問題ではありませんが、白板症からガンになる場合があるため経過観察を行います。

3.接触による感染はありません。

4.遺伝性の病気の場合は、メンデルの法則に従って親から子へと病気が受け継がれますが、白板症はこれに該当しません。つまり、遺伝性の病気ではないということです。ただし、白板症になりやすい体質(遺伝形質)が受け継がれる可能性はありますが、確認には至っていません。

ページの一番上へ