口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

ストレスからか口の中に粘つきがあり味覚も変化します。

2008/05/14

相談: (46歳 男性)

2年前位から食いしばりがあり、口の中の味が甘いほうに傾いたり、塩辛いほうに傾いたりします。また口の中に粘つきがあります。ストレスの度合いに由来するように思います。

歯科で作ってもらったマウスピースをすると少しの時間で甘さ、塩辛さ、粘つきが解消します。うつ病になったことによる神経系統かとも思っています。そのことはかかりつけの精神科医に相談しましたが、明確な回答は得られませんでした。

回答:口腔内科 樋口均也

ドライマウスの影響により、味覚の変化や口の中の粘つきが生じているようです。また、食いしばりや精神安定剤の服用は、唾液の分泌量を減らしてしまいます(分泌抑制)。マウスピースをすると、症状が解消するのはそのためです。

食いしばりに対しては、今後もマウスピース(オクルーザル・スプリント)を使用するのがよいでしょう。

一方、ドライマウスに関しては、以下の点に気をつけてください。

1.水分(水か麦茶)を十分に摂る

2.口呼吸をしない

3.よく噛んで食事をする

4.唾液の分泌を促す薬剤や人工唾液を使う

5.精神科の薬を減らす、またはドライマウスへの影響の少ないものに変更してもらう

ページの一番上へ