口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

骨隆起の一部に白い粘膜がある

2019/6/7

相談: (50歳 女性)

検診の為近くの初めて行く歯科医院へ行きました。そこで上顎の骨隆起の一部に白い粘膜があると指摘され、口腔外科を紹介されました。すぐ口腔外科へ行きしばらくは経過観察と言われましたが白い部分に変化は無くこのまま経過観察していて、もし癌だった場合転移が心配だと担当医に言われました。

そこで組織検査をする事にしましたが。骨隆起の所なので組織を切除後縫えないし相当痛みがある。治るのも1ヶ月半くらいかかりますと…骨隆起も一緒に切除すれば縫えると言う事なのでそのようにお願いするつもりですが、切除後はかなり痛みますか?本当に完治に1~2ヶ月かかるのでしょうか?またもし検査後に癌となった場合はどんな治療になるのでしょうか?

回答:口腔内科 樋口均也

上顎の粘膜に白い部分があることから白板症が生じていると推察しますが、白い粘膜の一部が赤くなり痛みがある場合は扁平苔癬の可能性があります。いずれもガン化する恐れがある病気です。

ガンの可能性が疑われる場合は白い粘膜を切り取って染色標本を作製し、顕微鏡でのぞいて詳しく調べる組織検査を行います。粘膜の切除後は周囲の粘膜を引き寄せて縫合し傷口を塞ぎますが、骨隆起上の粘膜の場合は骨としっかりくっついて動かないため粘膜を引き寄せることができず、穴が開いたままになってしまいます。こうした事態を避けるため骨隆起も一緒に削除すると、周囲の粘膜を引き寄せて傷口を塞ぐことができます

切除後の痛みについては、傷口が正しく閉じられている場合はあまり痛まないでしょう。粘膜も2週間以内にきれいに治るはずです。

検査でガンが判明した場合は追加の治療が必要となります。白い部分の周囲の粘膜とその下の骨を切り取る拡大切除術の他、頸部リンパ節や肺への転移の有無を調べるための検査を行うことになります。

 

 

ページの一番上へ