口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

前2番の歯が何をしても治りません

2019年5月24日

相談: (45歳 女性)

前2番の歯が何をしても治りません。前2番の歯に痛みがあり虫歯で神経を抜いてもダメで、根管治療専門医にいって根が広げすぎてたという事で根の治療をしてもダメ、最近歯根端切除をしましたがそれでも治りません。

術後一ヶ月たち、する前よりは若干ましになりましたが、まだ痛み違和感がありすっきりしません。噛むと中でズキズキしたり、刺激に反応します。熱いお風呂に入ったり、鼻の下を押すと痛みが増します。術後一ヶ月たつし、もう抜歯した方がよいですよね?ただ、初めて神経抜いただけでここまでこじれてしまいなぜなのか良く分かりません。

回答:口腔内科 樋口均也

治療前から歯に痛みがあった、虫歯のため神経を抜く必要があった、神経を抜いても痛みが消えなかった、歯根端切除術を受けたら痛みが軽くなった、などの点から現在の状況を推測します。

第一に考えられるのは、根にヒビがあるために炎症が持続して痛んでいるという可能性です。虫歯で神経を抜く際にヒビが入ったり、治療期間中に噛む力によりヒビが入ったのかもしれませんし、最初に痛みが生じた時点で既にヒビが入っていたのかもしれません。いずれにしてもヒビが入って痛んでいる場合は、抜かないと治らない可能性が高いでしょう。ただし、顕微鏡下でヒビ割れを補修すれば治ることもあります。

他の可能性として神経障害性疼痛があります。これは神経が傷ついた後に生じる痛みで、歯の神経を抜いた後でもしばしば発生します。歯を抜いても治癒は見込めず、三環系抗うつ薬や抗けいれん薬の内服による治療が必要となります。

2019年5月24日

相談2: (45歳 女性)

ご丁寧な返信ありがとうございます。確かにヒビが入ってるような感じがするのです。小さいようなわかりにくいヒビなら抜かない限りわからないものでしょうか?

回答:口腔内科 樋口均也

小さいヒビであっても、根の内部を顕微鏡で調べることによりヒビの有無がわかります。

2019年5月25日

相談3: (45歳 女性)

ありがとうこざいます。マイクロスコープを使って根管治療をしたのでそれでもやはりヒビ見つからなかったので、原因が全くわからなくて。

回答:口腔内科 樋口均也

ヒビがないことが確認済みであれば、神経障害性疼痛の可能性が高いと推察します。

2019年5月27日

相談4: (45歳 女性)

ありがとうございます。術後1ヵ月経っているのでレントゲン、CTをとれば何かわかりますか?もし異常がなければ、麻酔科に行ってみようかと思います。

回答:口腔内科 樋口均也

エックス線写真により何らかの異常が見つかる可能性はありますが、手術時に直接根や周囲の骨の状態を確認しているはずなので、新たな異常が見つかる可能性は低いといえるでしょう。

ページの一番上へ