口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

歯牙移植は可能でしょうか

2019年4月27日

相談: (45歳 女性)

歯牙移植ができないか検索していたところ、こちらの医院様に辿りつき、ご連絡させていただきました。左上の奥歯(何番目かは素人なので不明です。)に知覚過敏があり、近くの医院で処置をお願いしたところ、突然の抜髄と歯を削られてしまいました。(4/18に受診いたしました。)

恥ずかしながら、左側は歯の欠損があり、とても大事な歯だったのですが、処置後、歯茎の腫れと激痛が続き、4/23、再診があった日に抗生剤を出していただきましたが、今のところ快方に向かっている様子はありません。※上顎にしこりの様な腫れに強い痛みがあります。医師は次の一手を直ぐに決めて下さい、抜くしか道は無く、インプラントかデンチャ-のみの対応になると言い、選択肢より回答を急がせる感じでとても困っております。

私の口腔内は酷いもので、恥ずかしながら右側下奥には既にインプラントが3本入っております。左側へのインプラントは今のところ考えておらず、未だ左側には上下とも親知らずもあることから、こちらを活用することはできないものか、また温存の方向で対応できないものかと考えております。私のようなケ-スでも保険での対応は可能になりますでしょうか。お忙しいところ大変恐縮ではございますが、ご回答いただけましたら幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

回答:口腔内科 樋口均也

歯を抜かなければならない場合、該当する歯の抜歯と親知らずの抜歯を同時に行うことにより保険適応となります。ただし、既に抜歯した部分に他院で親知らずを移植すると保険適応外です。移植後は神経を抜き、最終的にはかぶせ物を入れることになります。移植する部分の骨が歯周病で溶けている場合、そのままの状態では移植不可能ですが、骨造成術で骨を補うことにより移植が可能となります。

ページの一番上へ