口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

現在激痛で一か月苦しんでいます

2018年10月6日

相談: (42歳 女性)

現在激痛で一か月苦しんでいます。左下を治療して4年、其れまでは痛みのない歯は治療しないという歯医者に行っていたのに、急に歯医者を変えたところ10本ほども次々治療されそのうちの左下が固い物が噛めなくなり、違和感が残りました。(子供を産んだため、と遠いのでその歯医者は止めました)

今年7月、違和感のためかぶせ直しを今通っている違う歯医者でやり直してもらいました。少々噛めるようになったのですが(普通の人が噛めるピーナッツとかがだめでした)、治療後2日は激痛でしたが収まりました。9月8日にまだ違和感があり、歯に神経が残っているとのことでしたので、何とか神経を取ってもらいたいという思いで、再度受診しました。

その際、少し歯茎が腫れているので、歯磨きをしっかりする事、と言われ何もされませんでした。7月に点検してもらったばかりで歯が汚れていたので、間隔を詰めて来ても良い、とのこと。

その日から激痛です。泣くような思いで、痛み止めの服用、効かない日もあり、他の歯医者も受診。他の歯医者でも神経を取るほどでもない。知覚過敏も表面を塗ってもらって風を当てても痛くもないのに、激痛。

1週間すると、食べ物を噛むと激痛が。歯肉炎のため歯が浮きだした、あまりぐらついてはない、とのことで歯を削って楽にしてもらいました。歯磨きするのみ、とのこと。ぐらつきはその後2週間くらい経った今変化はありませんが、しぼられるような歯の痛み。風邪ではないのに咽喉も痛い気がし、顔も痛くて、歯以外の痛みを考えています。夫に肩をもんでもらうと、歯に激痛がくるポイントが。次の日にはふわふわした、ぼんやり気分で仕事をしました。痛みは今も続き、夕方より歯を舌で触ってしまうと、夜は痛み止めが無いと寝られません。朝は痛くないです。

歯医者ではあまりに痛いなら神経とってもいいけど、歯がだめになるかも、とのことです。あまりに痛いが今ではないのかとも思ったり、歯ではないなら、歯をダメにすることないのにと思ったり、何科に行けばよいのか、小さな子供がおり、仕事も辞めて、ゆっくり治療に専念したい気持ちですが、仕事をしているから痛みを忘れることが出来てるのかも。

回答:口腔内科 樋口均也

歯に激痛が生じている場合の多くが、歯に何らかの異常があることを示しています。ただし、歯に異常がないにもかかわらず歯が痛む場合もあります。このような痛みを非歯原性歯痛といいます。原因は筋・筋膜性疼痛あるいは神経障害性疼痛が多く、いずれの痛みも激痛ではなく鈍い痛みが持続します。加えて、神経障害性疼痛の場合は通常歯痛に対して有効な痛み止めが効かないという特徴があります。

上記の理由から、今回の激痛の原因はやはり歯にあり、神経が炎症を起こすことによって痛みが発生している可能性が高いと推察します。そうであれば抜歯が必要かもしれません。別の歯科で再度診察を受けることをお勧めします。

2018年10月6日

謝辞: (42歳 女性)

ありがとうございます。耳鼻科で診てもらい異常はありませんでした。持続性のある痛み止めをもらい効いてくれれば一安心です。骨の専門医の紹介状をもらいCTをとってもらいます。三叉神経痛ではなさそうです。

ダメなら、歯を治療してもらおうと思います。ご親切にありがとうございます。

ページの一番上へ