口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

頬の内側が白くふくらんでいます

2017/11/21

相談: (50歳 女性)

頬の内側を噛んでしまいました。その場所が白くふくらんでいます。癌の可能性はあるのでしょうか。指で触るとそれほど硬さは感じません。

回答:口腔内科 樋口均也

頬粘膜を噛んだために膨らんだのであれば、自然に腫れがひいて膨らみはなくなっていくでしょう。

たとえば噛んでしまう前から膨らみができていて、そのために噛んでしまった場合は腫瘍や白板症、膿瘍、のう胞などの病気の可能性があります。また、上下の歯が当たって生じた歯痕といわれる歯型かもしれません。

癌の可能性については、相談の文面だけでは判断できません。癌は細胞が異常に増殖して肉の塊となる悪性腫瘍ですから、大きくなれば硬くなり、中心部に潰瘍が生じることもあります。ただし、癌が小さい間は白や赤の斑点であったり膨らみであったりします。

初期の癌ははっきりとした特徴がなく、白板症や良性腫瘍との区別がつきにくいものです。今後膨らみがなくならない場合や大きくなる場合は、この部分を切除して病理組織検査を行う必要があるでしょう。

 

ページの一番上へ