口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

治療途中の奥歯の歯茎から白いデキモノがでてきました

2017/5/5

相談: (20代 女性)

半年?1年?ほどまえに神経を抜く治療をしましたが、お金の関係で治療を途中でやめています。最近その治療途中の奥歯の歯茎から白いデキモノがでてきました。

これはなんでしょうか?すぐにでも診察するべきでしょうか?神経抜いてるので痛みがなく不安です…。また治療費は高額になるのでしょうか…?

回答:口腔内科 樋口均也

歯肉が白くなる病気には腫瘍や白板症、扁平苔癬、カンジダ症などがありますが、最もよく見られるのがフィステル(サイナス・トラクト)です。これは歯の根の先に病巣ができ、膿が出てきて歯肉が白く膨らんだ状態です。

フィステルに対しては再度、根の治療(根管治療)を行う必要があります。それでも治らない場合は根の先を削り取る「歯根端切除術」を行いますが、どうしても治らない場合は抜歯することもあります。

白い出来ものがフィステルなのか否かについては診察を受けないと判明しません。従って、まずは歯科を受診しましょう。根管治療や歯根端切除術には保険が適応されるため高額にはなりません。

ページの一番上へ