口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

左下顎(エラの部分)の骨に痛みがあります

2017/1/30

相談: (60代 女性)

はじめまして。歯科治療がとても怖くて(ピりッとすること、痛いことに我慢が出来ず)なかなか歯医者さんにいけません。歯周病で奥歯も3本ありません。2、3か月ほどから左下顎(エラの部分)の骨に痛みがあります。最初はリンパ腺が腫れているのかと思っていましたが、抑えると骨に痛みをかんじています。歯周病菌が骨を侵すこともあると聞いたことがあります。この症状から何が想定されますでしょうか。

回答:口腔内科 樋口均也

エラの付近である下顎角部を押すと痛みを感じるようですね。骨や骨膜に異常が生じている可能性があり、骨炎や骨髄炎、骨膜炎、骨折、骨粗鬆症、骨パシェット病、顎骨のう胞、顎骨腫瘍、骨肉腫などが考えられます。

骨を押すと痛いということは、下顎角部に付着する咬筋や内側翼空筋が痛んでいるのかもしれません。筋肉の痛みは骨の病気の痛みより一般的で、歯ぎしりや食いしばりが原因の場合がほとんどです。その他、頻度の少ない病気として皮膚筋炎や筋ジストロフィー、多発性筋炎などがあります。

2017/1/30

謝辞: (60代 女性)

ご丁寧なお返事をありがとうございます。先にもお知らせいたしましたが、痛みにとても弱くなかなか歯科受診の勇気がわきません。以前お世話になったクリニックでは歯のクリーニングでさえ、麻酔をしていただていました。早くに診ていただくことが一番ですね。

ページの一番上へ