口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

数か月前から口角炎や唇のカサつきが治りません

2016/5/30

相談: (50代 男性)

数か月前から口角炎や唇のカサつきが治りません。市販薬も試しましたが、症状が良くなっても(薬の塗布を止めると)すぐに再発します。薬の長期使用は控えたほうがいいと薬局に言われたので、今は朝晩にワセリンを塗っています。酷くなるわけではないですが、ワセリンを塗らないとすぐに症状が出てきます。また、熱いものや冷たいものを口にすると、舌がヒリヒリします。見た目は全く異常はないと思いますが、食事中のヒリヒリ感も口角炎と同時期から始まったように感じます。

近くの皮膚科では、口角に関してはワセリンを継続して塗って様子見、舌に関しては他科に行けと言われました。何か原因はあるのでしょうか?様子見でよいのでしょうか?

回答:口腔内科 樋口均也

食事の際に口唇や舌がヒリヒリするということは、粘膜が荒れているのでしょう。貧血やビタミン不足、亜鉛欠乏症、肝機能障害があれば粘膜は荒れやすくなるので、調べてもらう必要があります。

カンジダ菌というカビが引き起こすカンジダ症では舌や口唇が痛くなり、治りにくい口角炎の原因となります。カンジダ症はドライマウスや抗生物質の連用、免疫力の低下により罹患しやすくなります。その他の原因としては、ドライマウスが考えられます。カンジダ症やドライマウスについて、一度検査されることをお勧めします。

ページの一番上へ