口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

下唇にぷっくりと膨らんだものがあります

2016/2/12

相談: (22歳 女性)

こんにちは。口腔外科・口腔内科情報センターサイトを見てメールしました。いま下唇の左側に約1.5ミリ程のぷっくりと膨らんだものがあります。しぼんではまた膨らむというのを今でも繰り返しています。普通の口内炎とは違い、赤黒くなったり若干透き通っているような血管みたいなものが見えたりするものです。
このふくらみがいつからできたのかと考えてみると、できる少し前に、レーザーによるほくろ除去の施術をしたことがありました。そのときも虫歯ではない歯が少し痛い気がしていたのですが、そういったことは口の中にも影響があるのでしょうか。気になったのでぜひ教えていただきたいです。

回答:口腔内科 樋口均也

下唇の膨らみは粘膜のう胞が疑われます。唇を誤って噛んでしまうと、下唇の粘膜下組織中にある口唇線という唾液腺が傷つき、傷ついた唾液腺から唾液が周囲に漏れ出して粘膜が膨らむという病変です。
粘膜のう胞が生じている場合は傷ついた口唇腺を除去する必要があり、手術は口腔外科や耳鼻咽喉科で行います。
また、レーザー照射が粘膜のう胞や歯の痛みを引き起こすことはありません。時期が重なっただけではないでしょうか。

ページの一番上へ