口腔外科・口腔内科 メディカルインフォメーション|大阪

電話:072-646-8445

左奥歯を虫歯治癒し、その後冷たい物がしみる

2014/9/20

相談: (45歳 男性)

友達紹介でメールしました。左奥歯二本を虫歯治癒し、その後冷たい物がしみる感じがして…様子を見るように言われ一ヶ月段々しみる痛みが温冷共にひどくなってきたので、再度歯科に…レントゲンとっても虫歯ではなく、治療により金属詰めものが神経に近いから起こっている知覚過敏だと。神経二本を抜く治療を勧められました。

そうすべきなのですか?神経抜くデメリットとメリット教えてください。その他の方法もありますか?

回答:口腔内科 樋口均也

虫歯の治療後、金属を詰めた歯に冷たい物や温かい物がしみるようですね。まず、しみる方の歯の神経を抜いた方がよいでしょう。

神経を抜くメリット
・しみなくなる
・大きく削ることになるので歯の色、形、噛み合わせを変えやすい
温かい物がしみるという現象に対しては、他に有効な方法はありません。

神経を抜くデメリット
・歯の中空構造がなくなり割れ易くなる
・割れを防止するため全体を冠せる必要がある
・歯を大きく削ることになる
・結果的に抜歯となる可能性が高い

神経を抜いた後もう一本の歯が少々しみる程度であれば、薬剤の塗布により知覚過敏を緩和する方法もあります。

ページの一番上へ