口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

親知らずと歯ぐきの間から薄黄色のどろっとした液がでます

2012/6/6

親知らずと歯ぐきの間から薄黄色のどろっとした液がでます

相談: (35歳 女性)

数年前から下の親知らずのおくの歯ぐきを押すと(親知らずと歯ぐきの間から)薄黄色のどろっとした液がでます。痛みもまったくなく、何度か複数の歯医者にみて頂いたのですが特に何も言われませんでした。※食後に絞ると食べカスのようなものも出ます。

放置しておいても問題ないのでしょうか?ネットなどで検索するといろいろなことがかかれているので不安になり質問させていただきました。

回答:口腔内科 樋口均也

「淡黄色のどろっとした液」というのは、膿や炎症性浸出液であると考えられます。いずれも細菌感染により出てくる液体ですが、細菌感染が生じている場合は抜歯する必要があるでしょう。この状態が続けば、腫れたり痛んだりすることが予想されます。

一度、液体の正体や親知らず周辺の細菌感染の有無について、診察を受けられることをお勧めします。

ページの一番上へ