口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

頬っぺたの粘膜病変は口腔ガンの可能性がありますか

2013/3/16

相談: (39歳 女性)

頬っぺたの内側が痛く、しばらくしたら、頬っぺたの外側にもできものができました。歯や歯肉は異常ないと歯医者さんに言われました後、口腔ガンの可能性はありますか?さわるといたいです。頬っぺたがむくんでるようです。堅いしこりはありません。よろしくおねがいします。

回答:口腔内科 樋口均也

口腔ガンはガン細胞の増殖によって塊状の病変が生じ、ある程度の大きさになると弾力のあるしこりになります。中には大きくなったガン組織の中心部分が壊死して粘膜に潰瘍ができたり、ガンが神経を侵して痛みが生じる場合もあります。
しこりがないようなので、上述したようなガンの可能性は考えにくいですが、可能性が全くないとも言えません。
初期のガンでは厚みのあるガンの塊はできず、粘膜の表面に浅い病変のみができますが、このような初期病変にはしこりがなく、粘膜表面の白板や紅板、イボが見られるだけです。
従って、一度検査を受けられることをお勧めします。

ページの一番上へ