口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

頬の裏側がよく口内炎にかかる

2011/8/6

頬の裏側がよく口内炎にかかる

相談: (53歳 女性)

頬の裏側がよく口内炎にかかり痛くて食物が食べられない事があります。大抵市販の塗り薬などで1週間くらいでなおりますが、何度も再発するし、下手をすると痛みも酷く、今回は軽く出血しました。ティッシュに少しつくくらいですが。癌かと思い怖くなりましたが、どうしたら良いでしょうか。また、奥歯の詰め物が取れていて口内炎と詰め物+虫歯の治療は平行できるでしょうか。ちなみに、白くすじになってます。

回答:口腔内科 樋口均也

頬粘膜に口内炎が何度も発症し、白いすじ状になっているということですね。この白いすじは「歯痕」という歯の噛みあとではないかと考えます。このようなあとは歯ぎしりや食いしばりの癖があるとできやすいため、頬粘膜を噛む刺激によって口内炎が繰り返しできるのではないでしょうか。食いしばり癖がある場合は、食いしばらないように注意してください。また歯ぎしりがある場合は、「ナイトガード」というマウスピース状の装置を付けて寝るのが効果的です。

奥歯の詰め物がとれているということから、この部分が傷つきやすいのではないでしょうか。歯の治療を進めると口内炎ができにくくなるかもしれません。

2011/8/12

相談: (53歳 女性)

返信ありがとうございます。重大なことではなさそうなので、安心しました。とりあえず、早めに歯の治療はしておこうと思います。ありがとうございました。

ページの一番上へ