口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

どくだみ茶を1カ月ほど飲んでいたところ歯が茶渋で真っ黒になりました

2012/9/27

相談: (44歳 女性)

10年ぐらい前に、当時2歳の息子の体が弱かったので、どくだみ茶を1カ月ほど飲んでいたところ、私と息子の歯が茶渋で真っ黒になりました。麦茶に戻しましたが、それ以来、歯をきちんと磨いても、すぐに茶渋や歯垢がつき磨いてもすっきりしません。

歯医者には唾液のpHが変わったのだろう歯周病になる可能性が高いといわれましたが、唾液の量や分泌がおかしいではと思います。検査や治療することはできますか?

回答:口腔内科 樋口均也

1ヶ月程度どくだみ茶を飲み続けたが、唾液に影響を与え続けるのか甚だ疑問を感じます。また、ご質問の文面だけでは茶渋が付きやすくなった理由を正確に推察することができません。

唾液の検査は専用の測定キットが用意されているため、比較的簡単に受けることができます。ただしこのキットを備えた歯科医院は限られており、今のところ保険も適応されません。費用は医院によって異なるため、直接お問い合わせください。

ページの一番上へ