口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

側頭動脈炎

Q1. 食事をしているとアゴがだるくなったり痛くなってきたりして、食べられなくなってしまいます。口も開けにくくなってきて、少し熱が出たり全身がだるくなることもあり、こめかみや頭皮に触れるだけでも痛みます。

A.  「側頭動脈炎」の疑いがあります。側頭動脈炎は自己免疫疾患の一種で、動脈の炎症によって生じた肉芽が動脈を閉塞することによって、十分な血液が咀嚼筋に送られなくなり、アゴを動かすと痛みが起こる病気です。食事をするとアゴが痛むことから歯科を受診するケースが多く、顎関節症と間違えやすい病気ですが、時間を無駄に費やすと失明や腎不全などの重大な結果を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。また高齢者に多発する傾向があり、60歳以上であるか否かがひとつの目安となります。

ページの一番上へ