口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

歯牙脱臼

歯が抜けてしまったときには

転んだりけんかをしたり、また予期せぬ事故などによって子供の前歯がグラグラになったり(不完全脱臼)、抜け落ちてしまう(完全脱臼)ことがよくあります。そのような場合、歯科医院へ行く前に必ず適切な応急処置を行いましょう。その後の歯の寿命が全く違ってきます。

 

 

乳歯の陥入脱臼(治療前)

 歯が抜けてしまった場合は、まず抜けた歯を水道水の流水下で10秒~20秒程度(長くても30秒以内)すすぎます。このと き、たとえ汚れが付着していても決してアルコールや石鹸、塩水などは使わず、冷たい水だけで洗い流します。次に、清潔なガーゼで歯を持ち、抜けた箇所にゆっくりと差し込みます。自分で元の位置に戻すのが、最も良い方法です。
乳歯の陥入脱臼(整復後)

受傷前の位置まで引っ張り出した

 もしそれが不可能な場合は、乾燥を避けるために卵の白身(なければミルクでも可)を入れたフイルムケースか薬ビンに歯を浸して持ち運びましょう。あるいは、ぬれたガーゼに歯を包んで、本人か親の頬と歯茎の間に入れて保存します。
とにかく歯を乾燥させず、湿った状態に保つことが肝心です。そして、できれば30分以内に歯科へ行きましょう。2時間以上経過すると歯根膜が死んでしまい、治療後に歯と骨が癒着したり歯の根っこが溶けてしまったりして、治療が成功しにくくなります。
乳歯の陥入脱臼(固定)

ワイヤーと歯牙固定用剤で固定

 もしそれが不可能な場合は、乾燥を避けるために卵の白身(なければミルクでも可)を入れたフイルムケースか薬ビンに歯を浸して持ち運びましょう。あるいは、ぬれたガーゼに歯を包んで、本人か親の頬と歯茎の間に入れて保存します。
とにかく歯を乾燥させず、湿った状態に保つことが肝心です。そして、できれば30分以内に歯科へ行きましょう。2時間以上経過すると歯根膜が死んでしまい、治療後に歯と骨が癒着したり歯の根っこが溶けてしまったりして、治療が成功しにくくなります。
乳歯の陥入脱臼(治療後)

2週間後に固定を除去

 

ページの一番上へ