口腔外科・口腔内科 情報センター|大阪

電話:072-646-8445

木村病

顎骨に生じる腫瘍に好酸球肉芽腫があり、白血球の一種である組織球の周りに好酸球が多数集まる組織像が見られます。中でも顎下部など軟組織に見られるものを軟部好酸球肉芽腫症といい、発見者の名を取って木村病と呼ばれています。

木村病は主に頸部や顔面の皮下組織が腫れるものの痛みはなく、血液検査では好酸球の増加や血清IgE値の増加が認められます。主な治療法はステロイドですが、病変を摘出する手術や放射線の照射を行う場合もあります。

ページの一番上へ